2016年03月 アーカイブ

2016年3月10日 0時11分28秒 (Thu)

ペンリレー第5号

 恒富中学校の入江先生からご紹介頂きました、新富町立富田中学校の島埜内樹です。入江先生には私が中学生の頃からお世話になっております。そうした方々と今こうしてバスケットに携わることができて本当にありがたく思っています。他にもたくさんのお世話になった先輩方が県内各地にいらっしゃいますが、先輩のチームに勝つことほど嬉しいものはありません!勝って恩返しをしていきたいと思います!(笑)
 私が顧問をさせていただいている富田中の今年の目標は「地区大会優勝」。3年生の先輩方が成し遂げられなかった目標を後輩たちが引き継ぎ、今年こそこの目標を達成すべく毎日気合いを入れて練習に励んでいます。新チームが発足してから、私がずっと子どもたちに言い続けていることは「自分たちで」というキーワード、自主性です。選手が自分たちで気付いて行動を起こし、自分たちでチームをつくっていくということです。これは部活動の本質であり、もっとも難しいことでもあるように思います。しかし、これができるチームの魅力は素晴らしいものがあるはずです。まだまだそこに至ってはいませんが、夏の中体連に向けてチーム全員でつくり上げていきたいと思います。
 3年生は卒業の季節ですね。おめでとうございます。中学校の部活動を糧に、この先も大きく羽ばたいてください。後輩たちは、先輩方が残してくださったものを大切に、自分たちらしく、さらに磨いていきましょう。
 私自身、小学3年生の頃から現在もバスケットを続けています。バスケットから本当に多くのものを学ばせてもらっています。バスケットは最高のチームスポーツです。宮崎県のバスケットをより活性化できるよう、微力ながら貢献していきたいと思います。次回は、高校の先輩であり、今も同じチームでバスケットをさせていただいている財光寺中学校の吉村克佑先生です。よろしくお願いいたします。

2016年3月4日 8時15分04秒 (Fri)

ペンリレー第4号

ペンリレー第4号画像  油津中学校の本部先生からご紹介頂きました、恒富中学校の入江貴博です。本部先生とは⻄都児湯地区でしのぎを削り、お互い日本公認になろうと誓い合った仲でもあります(いつ誓いあったのか記憶がないのですが…)。今現在も、練習試合や大会で交流があり、お世話になっています。
 さて、私が顧問をさせていただいている恒富中学校には Tsunetomi Bracings というチーム名があります。本校の教育スローガンの『「凜」として「考動」する』の「凜」を使いたかったのですが、英語にはこの意味の言葉がないのです。いろいろ調べた結果、一番近い意味の単語が Bracing でした。Bracing には『すがすがしい』や『芯がある』という意味があり、私なりに想いを込めてつけました。その名の通りのすがすがしく一本芯の通ったチームになっているかは分かりませんが、生徒、指導者ともに、凜としたプレー、凜としたバスケットボールプレイヤーを追い求めて日々頑張っています。
 話は変わりますが、先日このチームに「原田さん」という大学生がバスケットボールの交流を兼ねて、訪ねて来ました。実は、原田さんは、鹿児島から神奈川までバスケットボールを通しての、人との交流を目指して旅をされている方です。オーストラリアに留学した経験もあるそうで、短い時間でしたが本場仕込みのハンドリングやシュートテクニックを披露してくれました。生徒たちはバスケだけでなく自分の視野を広げる貴重な経験をできたのではないでしょうか。バスケットボールが大好きな生徒たちと、年齢は違えども、同じような気持ちを持ってバスケットボールを続けている原田さんと出会えたことで、素敵な時間を過ごすことができました。これからもバスケットボールを通してたくさんの人と出会い、人としてもプレーヤーとしても成長してほしいと思った瞬間でした。私も、本部先生との約束?を果たせるように生徒と一緒に頑張ります。
 
 次回は、生徒の頃からよく知っている、富田中学校の島埜内樹先生です。よろしくお願いします。

2016年3月1日 18時35分23秒 (Tue)

ペンリレー第3号

 祝吉中学校の倉掛先生からご紹介頂きました、日南市立油津中学校の本部です。前回ペンリレー担当の倉掛先生とは、今週末に佐賀で開催される全九州中学生バスケットボール春季大会に、大宮中学校の泉先生と一緒に審判員として派遣させて頂きます。今月はこの他にも、九州交歓大会、都道府県対抗と多くの県外大会に派遣させて頂く予定です。4月に公認を頂いたばかりで、技術が未熟なのは百も承知ですが、こういった得難い機会が頂けたことに感謝し、今の自分にできる努力を精一杯したいと思います。
さて、私が勤務する油津中学校は、何と言っても海がすぐ近くにあるのが一番の特徴です。校舎から近くの浜までわずか20〜30mという立地で、特に校舎3階から臨む景色は、生徒達にとっても自慢の風景のひとつです。そんな、海風を感じることができる体育館で、私が持たせて頂いている男子バスケットボール部も日々、練習に取り組んでいます。油津中男子バスケットボール部のテーマは『直向き(ひたむき)』です。1つのプレー、1つの行動をとにかく全力で一生懸命に行うという意味を込め、選手、後援会、指導者が揃いのTシャツにこの言葉をプリントしています。まだまだチームの努力が足りず、この言葉が県内に十分に浸透しておらず、『直向き』を“ちょくむき”や“まえむき”と読み間違えられることが多くあります。多くの方に支えて頂き、バスケットができることに感謝の気持ちをもって、その気持ちをプレーの頑張りにかえることができるチームづくりを目指し、1日でも早く、県内全域で『直向き(ひたむき)』と読んで頂けるように努力していきたいと思っています。
次回は、20代の頃、お互いに日本公認審判になろうと約束しあった仲の、恒富中学校入江貴博先生です。よろしくお願いします。


ブログ

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

ペンリレー✒

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数